Posted by 監督   0 comments

    八甲田山(酸ヶ湯からの定番周回)

    2016/9/4(日) 0605-1313

    天気予報では、奥羽山脈から西の日本海側は晴れ。東の太平洋側は全般的に曇りで岩手県南部は雨の可能性もあった。
    予報通りであれば雲海の可能性が高く、今度こそ雲海からのご来光を・・・と、八甲田山へ。

    深夜11時頃、酸ヶ湯の駐車場に着いて、2時間仮眠して朝駆け出発、、、と思っていたが、疲れ果てて爆睡(笑)。
    やっぱり八甲田は遠いです。
    起きたのが5時だったので準備して出発。




    登山口。ことしは立派になってました。






    予想どおりの雲海♪






    太陽を入れてみた。






    青森市街地もくっきり。






    ほんの一部、真っ赤な葉が。






    草紅葉もわずかに始まり。






    青い空とヒコーキ雲。なんか秋だねぇ。






    湿原には木道。チングルマの狂い咲もあった。






    酸ヶ湯温泉からの大岳。





    FUJIFILM/X-T10
    XF16mmF1.4 R WR




     ※拡大写真(1,920×1,280)82枚、GPS軌跡データ、道具リスト、活動メモを無料地図登山のYAMAPに掲載しています。
    YAMAP 私の活動日記 「八甲田山(酸ヶ湯から定番周回)雲海動画あり」
    Posted by 監督   0 comments

    北八甲田(大岳・井戸岳・赤倉岳周回)

    2015/9/6(日) 6:10~14:08

    前夜23時過ぎ酸ヶ湯公共駐車場に着くと外気温は9.1度。

    5時起床。
    6時10分出発。

    出発時点で手が冷たくちょっと寒い感じだったが、動けば暑くなるさと、夏場と同じく半袖ドライレイヤー+長袖ベースレイヤーのまま出発。

    登り始めるとちょうどいい感じで汗がジワリと出てくる。
    夏場と違って、ダラダラ滴り落ちることはなく快適な汗。

    しばらく登って行き、標高1,400m辺りからガスと風で、動いていても幾分寒く感じたが、大岳山頂はもうすぐなのでそのまま登り続けた。
    大岳山頂(1,584.5m)に着いて、休む間もなく持っていた防風性+撥水性のあるソフトシェルジャケットを着る。
    ほわっとあったか~い。快適。

    生憎眺望は得られなかったが井戸岳を越え赤倉岳を周回して下り、宮様コース分岐(1,300m位)まではジャケットを着て歩いてちょうどいい。

    下りてくると雲の下。
    秋の風の中、高層湿原と木道、池塘を見て撮って、もうすぐ来る紅葉をイメージして下山した。

    紅葉は、ナナカマドやオオカメノキ、草紅葉等の早いものが始まったばかり。






    桜沼と小岳





    八甲田大岳山頂





    八甲田大岳・小岳・仙人岱分岐にて、セルフタイマーで自撮り





    モウセンゴケ





    赤倉岳の稜線





    赤倉岳分岐にて





    毛無岳の階段より下毛無岳景色




    登山口にある酸ヶ湯温泉





    ※拡大写真(1,100×733)96枚、内パノラマ(2,258×733)1枚、GPS軌跡データ、道具リスト、活動メモを無料地図登山のYAMAPに掲載しています。

    YAMAP 私の活動日記 「北八甲田(大岳・井戸岳・赤倉岳周回)」