Posted by 監督

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Posted by 監督   0 comments   0 trackback

    80オーバークラブ(NO.59)

    じゅん 全長81cm(4.30kg)

    2004/07/18 秋田県秋田運河
    0407182jun.jpg

    Rod:ufmウエダ/SPS-752-Ti
    Reel:TOURNAMENT AIRITY 2500
    Line-system:ファイヤーライン18lb+ナイロン20lbリーダー
    Lure:アムズデザイン/sasukeSF95 チャートバックパール
    ●最近バラシてばかり・・・やっとゲットできました^^
    スポンサーサイト
    Posted by 監督   0 comments   0 trackback

    80オーバークラブ(NO.58)

    taku 全長81.5cm(5.40kg)

    2004/07/12 秋田県秋田運河
    0407122taku.jpg

    Rod:ufmウエダ/SPS962ssti
    Reel:シマノ/98ステラ4000
    Line-system:ナイロン10LB+リーダー20LB
    Lure:デュオ/タイドミノーCD75(レッドヘッドホロ)
    ●釣れました~!
    Posted by 監督   0 comments   0 trackback

    80オーバークラブ(NO.57) tomy

    tomy 全長(推定)95cm(叉長93cm-6.8kg)

    2004/07/03 秋田県秋田運河
    0407032tomy.jpg

    Rod:ufmウエダ/SPS862ssti
    Reel:シマノ/ツインパワー3000
    Line-system:ファイヤー18lb+ナイロン20lb
    Lure:アムズデザイン/sasukeSF95フロスティチャート
    ●90オーバーをまだ釣っていない人っているの~~~(笑)
    Posted by 監督   0 comments   0 trackback

    特記NO.01.-監督ノット-

    ビミニツイスト+エイトノット+ハーフヒッチによる補強=『監督ノット』


    完成時(ノット全体の長さはおよそ26ミリ)
    01.jpg


    監督ノットは、結びやすさを最優先で考えられたノットで、使用するメインラインはファイアーラインの16~18ポンド。
    リーダーは20~30ポイントを使用することを前提にしてある。
    シーバスアングラーには特にお薦めです。

    特徴は、ノットの結び目が小さい為、キャスト時のガイドへの衝撃が小さいことが上げられます。
    ボクはufmウエダ製のトラウトロッドを使用する事が多いのだが、このロッドでさえもスムーズなキャストが出来る。

    また、ダブルラインの部分が極端に短いので、キャスト時のトラブル(ダブルラインがガイドへ絡らむ)は全く無い。

    更に、リトリーブ等で結び目がトップガイドを通過するときに、わずかな引っかかりが有るため、真っ暗な場所でもロッドティップへの巻き過ぎ防止にも大変有効である。

    強度においても、16LBメインライン+25LBリーダーの場合は、メインラインかスナップの結び目のどちらかが切れます。

    しかし、デイゲームでバイブレーションを多用した場合は、ルアーとの接続スナップ付近のリーダーにキズが生じやすいため、ほとんどこのスナップから切断するので、環境にも優しいノットと言えるでしょう。

    どちらの場合も「監督のっと」は、私自身シーバス釣りに使用していて不具合はゼロ。
    面倒だからといい加減なノットやノンリーダーはお薦め出来ません。是非「監督のっと」を覚えて"80↑"(ランカー)をキャッチしてください。

    (参考:スナップ部は漁師結び)
    ryoshi.gif


    ---監督のっと① ダブルライン---
    101.jpg


    ---監督のっと② メインとリーダーを結ぶ1---
    102.jpg


    ---監督のっと③ メインとリーダーを結ぶ2---
    103.jpg

    ●締め付け不足はリーダーが抜ける恐れがあります
      グローブを着用して十分締め付けてください。
      素手では手を切ってしまいますのでやめましょう。
    ●どうしてもリーダーが抜けてしまう方
      8の字結びで、さらに半回転か1回転余分にねじってください。

    ---監督のっと④ 補強---
    104.jpg

    お解りいただけたでしょうか?


    ※重要

    近年のPEラインは、1.0号で20LB前後の強度を有する物等が有り、このような高強度・細PEには適さない様な記述をしていましたが削除しました。

    理由としては、2008年中期よりSFノットを多用していたものの、独自の強度試験を実施した結果、初期強度(結束直後)は、監督ノットとSFノットは同等の強度があることがあげられます。

    長時間のキャスト&リーリングでは、ガイドやキャスト時の人差し指、リールのラインローラー等によって、メインラインの劣化の度合いの方が大きいことが判明しました。


    すなわち、ラインの強度を確保するためには、結びも重要であるが、1回のシステムで長時間のキャストはライン強度を著しく劣化させることになるため、こまめな使用済みPEライン先端部3m程度の更新とシステムの組み直しが最も重要である。


    では、良い釣りを・・・



    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。