Posted by 監督

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Posted by 監督   2 comments   0 trackback

    陸前高田と言ったら?

    やっぱり高田松原♪

    クリックで拡大します
    なぜか縦撮りが好きなんです・・・(笑)



    クリックで拡大します



    クリックで拡大します


    日中は野鳥撮りでした。気仙川。
    0701294.jpg
    もろ逆光で被写体は日陰。どこに居るか分かります?(笑)。
    1/80秒 , F5.6 , ISO400 , 135mmで撮影。





    分かりませんね・・・ならば拡大です。





    ピクセル等倍です。




    0701295.jpg
    対岸までの距離はおよそ50m。
    ずっと木に留まったままでした。ヤマセミ。


    撮影データ
    Nikon D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-135mm F3.5-5.6G(IF)
    スポンサーサイト
    Posted by 監督   2 comments   0 trackback

    大船渡と言ったら碁石海岸だべ

    さっぱり釣れんので土曜日は荒れた海を見て来ました。

    一番のスポットは”穴通磯”なのでしょうが、やっぱり碁石崎でしょう。


    0701281.jpg
    まずは、ヤリイカポイントとして超有名な碁石浜。ここの砂利は囲碁の碁の様に丸く平らなことから名付けられたとか。
    注)釣りのポイントは写っていません。


    0701282.jpg
    碁石の駐車場に車を止め、海の方へ歩いてすぐのところの乱暴谷。断崖は約30m。


    0701283.jpg
    遊歩道はこんな感じに整備されています。


    0701284.jpg
    ちょっと北側へ歩くとこんな景色。写真は初心者なんで現場の雰囲気は出せません(笑)。付近は断崖絶壁ですので、本当は迫力がすごいんですよ。海上からはしょっちゅう見てましたが・・・(笑)。


    0701285.jpg
    今の時期は観光客がほとんど来ません。


    0701286.jpg
    昨年10月の発達した低気圧によってもたらされた暴風で、倒木や幹が折れる災害がが相次いだ。被害の有った木は切り取られ、真新しい切り株だけが残っていた。


    0701287.jpg
    切り株を利用したイス。なかなかのアイデアだ。


    0701288.jpg
    前に来たときは無かった東屋。気仙大工の社寺建築伝統技法を活かして建てられたと記されています。
    柱が垂直ではないようですよ。他にもいろいろ。


    0701289.jpg
    屋根裏にはこんなものが・・・なんだろう。


    07012810.jpg
    碁石崎灯台にたどり着きました。


    07012811.jpg
    月が出てました。


    07012814.jpg
    大船渡は”椿の里”。どこへ行っても自生の椿があります。


    07012812.jpg
    碁石崎から。


    07012813.jpg
    何て書いてある?




    撮影データ
    Nikon D80 AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-135mm F3.5-5.6G(IF)
    すべてISO400(設定ミス)(笑)
    Posted by 監督   0 comments   0 trackback

    大船渡でもBフレッツ!

    やっと大船渡・高田でBフレッツが来月開通だそうです。
    幹線から遠く離れた地域は対象外であるので、詳細なエリアはNTT東日本のHPで・・・。

    しかしなぁ。
    未だにADSLでもなく、ISDNの回線しか使えない我が家はますます取り残されていく・・・。だから使ってないけど(笑)。

    注)このブログは、”監督の秘密の部屋”から更新しています。当然来月からは光になります。
    Posted by 監督   4 comments   0 trackback

    TAG&RELEASE(再捕記録 NO.3)

    TAG_NO.JGS-115002 スズキ

    再捕日:2007/01/16
    再捕地点:新潟県村上市沖水深90m
    再補者:新潟県水産海洋研究所(底曳網)
    叉長:45.6cm
    重量:1.04kg

    放流日:2005/06/11
    放流地点:秋田県秋田運河(通称:ヤナセ)
    叉長:33cm

    経過日数:584日 移動距離:約180km
    saiho-03.jpg


     NO.2の再補情報から約1年8ヶ月ぶりの新しい再補情報です。

    今回再補された場所は山形県を通り越し、なんと新潟県
    随分と遠くまで移動するんですね。

    再補・報告をされました『新潟県水産海洋研究所』の方には厚く御礼申し上げます。
    Posted by 監督   4 comments   0 trackback

    行き着くところは?

    先週末撮影した中から何点かトリミングと色調補正を駆使した写真です。
    カメラはD80。レンズはセットものの AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-135mm F3.5-5.6G(IF)

    0701161.jpg


     購入から約1ヶ月経った訳だが、撮影した画像の仕上がりは僕の理想とするイメージと随分とかけ離れている。
    釣りのタックルと違い、どれでも何とかなると言う代物ではないようだ。

    0701163.jpg


     フィルム時代にも一眼レフは2台使用したが、プリントサイズは普通Lサイズ程度。
    リバーサルフィルムを使用して披露宴の写真等も撮影し、大きくプリントしたとしても4ツ切りまで。
    多少ピンボケだろうがブレていようがそれはそれで雰囲気が出た。

    0701162.jpg


     そしてデジタル全盛の今、画素数は普通に10Mを超えて来た。
    D80も有効画素数だけは10.2M。
    それ故、ピントの甘さ、手ぶれ有無、レンズの優劣は撮影した画像を見れば一目瞭然。

    0701165.jpg


    web上で見る写真だからと言う安易な発想からのカメラ選びだったが、WEB(モニター)だからこそシャープで綺麗な写真を見てもらいたいと思う様になった。

    0701164.jpg


     僕の理想とするところ。
    あくまでシャープさにこだわる(笑)
    一切の曇りは許されない。

    ”レンズ沼”と言う言葉があるらしいが、だんだん分かってきた(笑)。
    今後の展開が恐ろしい。
    Posted by 監督   4 comments   0 trackback

    風景写真

    大船渡市内に今出山(標高756m)があります。
    山頂までFF車でも行けるのですが、2.4km手前からは砂利道となり、大雨後や積雪のある時は4WDじゃないと無理です。

    クリックで885*590表示

    山頂からの景色はご覧のとおり大船渡湾を一望出来ます。

    20年前にも山頂からの夜景等を撮影したりした時がありまして、最近復活した”趣味の写真”で思い出して行ってきました(昨年末)。



    クリックで拡大

    山頂にはこのように各種アンテナ群が所狭しと立ち並ぶ。


    クリックで拡大

    正面の山は雪の被った五葉山です。

    では良い週末を・・・。
    Posted by 監督   0 comments   0 trackback

    またしても写真

    桜咲く・・・。って言うか去年の10月末からずっと咲いているところがある(笑)。
    0701082.jpg


    そして今日は色物探し。
    0701083.jpg


    0701081.jpg


    0701085.jpg


    0701084.jpg


    野鳥もまた撮ったんで後日(笑)。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。