Posted by 監督

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Posted by 監督   2 comments   0 trackback

    リンク追加しました

    「Na.Craft Handmade Lures」

           -秋田発 ルアーフィッシングとハンドメイド-

    秋田市在住の「yama」さん、「yuki」さんの運営するホームページを追加しました。

    *******************************************************************
       渓流、本流のトラウト。
       リバー、サーフ、磯、ベイエリアのシーバス等。
    ********************************************************************
    スポンサーサイト
    Posted by 監督   4 comments   0 trackback

    ナマズ釣り -間もなく1周年-

     最近の状況 -間もなく一年経過-

     南の方から徐々に梅雨入り宣言がなされる今日この頃。東北地方北部のこの地域は、平年値6月12日が梅雨入り。梅雨入り前だからもっと天気が良く暖かい日が多くても良いと思われるが、なぜか寒い日が続き、思った以上に水温も上がってくれない。

    夜になれば急に寒くなって、水棲昆虫の羽化も乏しく、ベイトとなる小型魚や陸生動物・昆虫の活性も著しく低下している。蚊との戦いをしなくて済むのはありがたいのだが、あの蒸し暑い夏の夜のひとときが恋しく思い出される。

    ナマズ釣りを初めて間もなく1年が経過する。
    専門じゃないので、気の向く時に、行けるときだけ行くって感じで、昨年は6~8月に釣行した以外は、秋田シーバスが好調だったため、ナマズの事は忘れてしまった。

    そんな中、9月以降も熱心に、そして性懲りもなくトップゲームを楽しんでいた人物が居た。

    ナマズゲームに誘ってくれた「タクちゃん」である。


    素直とはほど遠く、”この方がいいんでねぇがなぁ?”と言う僕のつぶやきを無視し、ひたすら自分流の釣り方や考え方を貫き、失敗と成功を繰り返してはじめて納得する。

    少々遠回りとも言えるスキルアップだが、僕と同じく”人の話を聞かない”、”自分の意志を貫こうとする”と言う性格。「自己中心性」という言葉がぴったりだ。
    自分が良いと思ってやっていることでも、あとで多少ずれている事に気付く。とは言え、まだ別の要因にしたりして失敗を否定する。確信に変わるには時間が必要だった。

    彼はすべての事に対して実戦する「実戦派」。僕はどちからといえば「思考派」に近い。
    足して2で割ることでバランスが取れているのだろう。

    この”ナマズ釣り”。
    新しいターゲットだから最初のうちだけ楽しいのかもしれない。
    来年は飽きてしまうかもしれないが、それはそれでいい。今とても楽しいんだから、、、。

    こんな楽しい”ナマズ釣り”に誘ってくれたタクちゃんに感謝する。ありがとう。

    余談であるが、このお方
    タックル等の商品知識の豊富さは、東北一、いや全国でも他に居ないんじゃないかと思うほどであるが、先日、「米米CLUB」を知らないと言うことが発覚した(笑)。


     渓流釣りをよくしていた頃は、5月末頃ったらフライフィッシングで狙うヤマメやイワナ等が面白いように釣れた記憶がある。イブニングライズはそりゃもう魚も狂うが僕の心臓もバクバクだった(笑)。

    ナマズ釣りでは、天候が急変したりしない限り、イブニングライズの様な短時間だけ高活性になることはなく、人の気配を感じたり、危険な目に遭って臆病になったもの以外はいつでも摂食するため、比較的容易にルアーへの反応が出やすいのが普通だと思う。

    だからと言っていつでも簡単に釣れる訳では無く、夜行性であるから夜に釣りやすいのは言うまでもない。

     今の時期(低水温)は、とにかく臆病。

    よく”ナマズは捕食がヘタ”と言われているが、そんなことはないと思いますね。
    シーバスも昔は捕食がヘタだと言われて来たけど、実際はそうじゃなかった。
    ハッキリ言って釣り方に問題があるだけですよ。

    自然界でそんなに捕食がヘタなら生きて行けませんでしょ?
    身の回りの生物を餌としている以上、捕らえられないと思ったら行動を起こしません。

    低水温では、たとえ夜間と言えどもほとんどルアーを追いまわすことはせず、じっと住処を離れようとしません。動かずじっとしていて、目の前(水面も)に餌が来るのを待っているって感じですかね。僕だって寒いと外で遊ぶの嫌だし、、、(笑)。
    自然界ですから、中には例外もある訳で、低水温に強いヤツとか高水温に強いヤツが居ます。産卵時期が集中しないのと一緒です。

    しかし、越冬時期を除き低水温だからと言って、同じ所に何日も住処にしている訳でもなく、同じポイントから同じサイズが釣れたことは希なので、日々移動しているのだろうと思うよ。
    一説によれば、昼間移動するとか・・・。

    0805292.jpg
    デジカメによる”顔認識”は×です(笑)。

    ナマズ釣りって簡単な時期もあれば、こんなに難しい時もあります。

    小魚を追い回すような活発な時は1度や2度の掛け損ないが有っても、3度目、4度目もあることが多いんだけど、今は1発で乗せなきゃならないんですよ。
    まぁ、中にはやる気のあるヤツもたまに居ますけどね(笑)。

    同じ所にキャストして1投目で出るときもあれば、30分経ってようやく出るときもある。
    30分経って我慢しきれずにアタックしたかもしれないし、たまたま回遊してきたヤツかもしれませんけど。

    岸から30cm離れたら出ないとか、オーバーハングの最奥だったり、無音&無感触バイト等々、低水温期の釣りは納得行くまでの攻めと誘い、たった一度のバイトをいかにミスさせず食わせるか?が重要な鍵を握っています。

    何度も言うようだけど、こちから”食わせてあげる♪”のです。

    なかなか出ないとき、粘るのが良いのか、移動べきか・・・。見極めがとても難しい時期でもあります。
    ポンポンと移動して活性の高いヤツだけを拾い釣りするのも一手だろうけど、それじゃゲーム性が低くなるし、そもそもそんなに高活性のヤツなんてまず居ませんから。

    でも朗報です!。
    昨夜なんだけど、寒い割にはやや活性が上がってました。
    たまたまかもしれないけど、住処から出てきている個体もポツポツと居るんで、若干釣りやすくなってきました(笑)。

    62cm(1.77kg)
    トリミングしてますが、真っ暗でも”顔認識”OKでした。


     ゲーム性はシーバスと同等かそれ以上。

    ミノープラグ、スピナーやスプーン等、なんでも釣れるらしいけど、こだわってトップで狙ってますからね(笑)。
    バゴーン!とか、ジュボッ!ってーのが病みつきになりますね。
    ファイトも今は控えめだけど、盛期にはエラ洗いやジャンプ、グネグネダンス等、シイラ顔負けです。
    大きなヤツはパワーも半端じゃないです。
    昨年は1尾もそのような超ランカー(推定80オーバー?)は、すべてバラシに終わったが、今年はレベルアップしているのでなんとかキャッチしたいものです。

    0805293.jpg

    僕が使っているスミスの”鯰人”。ちょっとかっちょ悪い(使いたくない)と言われますが、すばらしいロッドです。
    初めの”1本”、悩んだら”鯰人”、”最後は”鯰人”。
    僕はメーカーと何ら関係無いんだけど、自信をもっておすすめします。(僕のはNAZ-69M)

    これから始めようと思っている人に是非おすすめです。
    ルアーは”キャタピー”、”ジッターバク”が今のところおすすめ。でもフックはダブルフックのバーブレスでお願いします。

    2008/5/30 一部修正
    Posted by 監督   3 comments   0 trackback

    特記NO.08.-デジカメ顔認識-

     最近購入したコンパクトデジタルカメラについて

    実際の所、大きな声で言えないが私物としてのコンデジは2台目となる。

    1台目は10年程前(1997)に購入。
    当時の値段は5万円台だったと記憶しているし、画素数は今の10分の1の1M(約100万)画素。
    フィルム時代のバカチョンがデジタルになっただけで、今のようなシーンモードも無かった。

    釣行記録等の撮影には、仕事で使っているカメラを拝借し、現在6世代目となっている。
    仕事上の撮影は過酷な条件もあり、防水防塵カメラまたは専用の防水プロテクターに入れて撮影することが多い。

    シーバス等のウェーディングや雨天時の釣行にはこれらの防水仕様を携帯しているし、これからもたぶん変わらないと思う。

     なぜ今になって自分のカメラを購入したか?なんですが、やはり”もっと綺麗”に撮りたいから(笑)。

    今回選択の条件
    1.広角(28mm以上)
    2.ピント合焦の精度と早さ(顔を認識するもの)
    3.画質(特に高感度ノイズの少なさ)
    4.フルオートで綺麗に撮れること(これ重要)
    上記より今回2台目となるカメラはF100fdとした。

    5.防水
    当然視野に入れたのだが、どうしても上の条件を妥協できず除外。
    6.リモコン対応
    あれば便利だがブツ持ちでは操作出来ない。

     セルフタイマー自分撮り

     デジカメで自分を撮ろうと思うと、まずセルフタイマーを10秒にセットし、自分が立つ位置と同じ距離にある物体にカメラを向けてシャッターを半押ししピントを固定する。そのままシャッターボタンを深く押してタイマーを作動させる。すぐにカメラを置き(三脚が有れば幾分楽)、自分がフレームに入るように移動しなければならなかった。

    また、焦点を固定する機能の有るカメラも有るが、あくまで固定出来る(2.5mとか5.0m)だけで、思い通りの焦点(1.0~1.5m程度)で固定出来る物ではなかったし、当然マニュアルでピントを合わせられる機種はそもそも一眼レフのデジカメなら当然であっても、コンデジには存在しない?だろう。

    撮影時は、タイマーを稼働させた後は、急いでカメラを置くことになり、不安定な場所ではカメラが傾いたりするわけで、最悪の場合、落下や水没の危険を伴う。さらに、急いでいるため自分がフレーム内にうまく入る為には慣れが必要であったし、ピントボケも多くなるのである。

     人物の顔を認識

    F100fdに限らず、最近のデジカメ(コンパクトタイプ)って、”顔を認識”してピントや露出を合わせてくれる便利な機能付きが多いのはご存じだと思います。

     この顔を認識する機能は、釣りの自分撮り(ブツ持ち)にも大変重宝することをご存じでしょうか?
    シーバスのブツ持ちで僕が多用しているセルフタイマー撮影なんですが、僕が求めていた機能です。

    「顔を認識してピントと露出を合わせてくれる」
    今まで有りそうで無かった機能だと思うのですがね。

    撮り方は至って簡単♪
    セルフタイマーモードにするのは同じ。
    更にカメラの顔認識をON。
    カメラを置きシャッターボタンを押す。
    あとは自分がフレーム内に入るだけ。

    僕がシャッターボタンを押した後、シャッターが切れるまでの間に僕の顔を認識して、シャッターが切れる時ピントと露出を合わせて撮影してくれる。

    また、他人に撮影をお願いしても”顔”にピントを合わせやすい。
    顔以外にピントを合わせたければ、”顔認識”をOFFにすれば良いのだ。


    5/25釣行より。魚の顔にも「顔認識」は通用するのか?(笑)。

    便利だが、カメラ本体は防水でもなんでもない普通のカメラなので、ウェーディングや雨天時に携帯するのは無謀なので、平日のチョイ釣りに使用したいと思っている。


    余談だが、スマイルを認識してシャッターが切れるのもあるようですが・・・(笑)。



    ブログパーツ
    Posted by 監督   0 comments   0 trackback

    レアーずクラブ(NO.4)

     この記録は、東北地区に居住し東北地区でルアーキャスティングにより狙って釣り上げられた65cm以上の「ナマズの釣果記録」です。

    このカテゴリーは【middle】クラス「公式記録」となったものです。


    「監督」 全長67cm 重量2.25kg ♀

    2008/05/19
    クリックで拡大(880*586)
    クリックで拡大します(880*586)


    67cm-2.25kg



    ロッド:アングラーズリパブリック/パームスエッジEVC602
    リール:アブ/SM5600CL
    ルアー:スミス/キャタピー


    レアーずクラブ応募規定
    Posted by 監督   0 comments   0 trackback

    レアーずクラブ【参考記録】

     この記録は、北東北に居住し北東北でルアーキャスティングにより狙って釣り上げられた65cm以上の「ナマズの釣果記録」です。

    残念ながら、このカテゴリーは「参考記録」となったものです。


    《参考記録》重量未測定

    「ヨコ」 全長71cm 重量未測定

    2008/05/02



    レアーずクラブ応募規定
    Posted by 監督   0 comments   0 trackback

    レアーずクラブ(NO.3)

     この記録は、北東北に居住し北東北でルアーキャスティングにより狙って釣り上げられた65cm以上の「ナマズの釣果記録」です。

    このカテゴリーは【middle】クラス「公式記録」となったものです。


    「監督」 全長68cm 重量2.40kg

    2008/05/08
    クリックで拡大
    クリックで拡大します(890*593)



    0805082.jpg



    ロッド:スミス/鯰人(NAZ-69M)
    リール:シマノ/アンタレス
    ルアー:スミス/キャタピー(フルルミナス)


    レアーずクラブ応募規定
    Posted by 監督   2 comments   0 trackback

    特別ゲスト参上! -連休後半戦その4-

     2008/5/6

    遠方からお越し下さった通称:クマさん
    関東を中心に、九州~山陰~中部~北陸~東北南部?に至るまで、その日その時どこに居るか分からない(笑)

    電話で最初の一言は・・・「今、どこ?」が、合い言葉・・・みたいな(爆)。

    ---------------

     先行待機しているクマさん&タクちゃんの元へ・・・。


     立夏になり日暮れは遅い、、、ならば”デイナマ”でしょう。

    0805061.jpg
    監督62cm。 

     ・

     ・

     ・

    中略(笑)

     ・

     ・

    後から、かなやん!が合流し4人で”ナイトナマ”へ。


    ドバーン、バシャバシャ!、ガバカバ、ドバンドバン、・・・あっ、バレダ!・・・タクちゃん談。
    釣りをしないで見ていた僕は一部始終を目撃。最低でも70↑あっただろうに残念。


    かなやん!の動きが変。
    離れてるんでよく分からんが、ルアーチェンジか?バックラ直しか?(笑)。
    近寄って話を聞くと釣ったらしい。

    まぁ、いつも釣りでは”コソコソ”キャッチ&リリースしているのだが、この釣りに関しては”コソコソ”出来ないはず(笑)。
    何釣った?と聞くと、”20cm”位だと言う。マジっすか!珍しいんですが(笑)。


    一番釣って欲しいクマさんなのだが、10アタック以上得ているのに乗らないみたいですね。
    ・・・でしょ?。これが楽しいんですよ(笑)。

    でも最後にはちゃんと60↑を釣り上げ、めでたしめでたし・・・となったのであります。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。