Posted by 監督

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Posted by 監督   5 comments

    五葉山登山 -2009秋-

     2009/9/20(日)

    同僚と二人で裏山に行ってきました。
    なぜ二人なのか?と言うと、写真を撮ってもらいたいのと、一人じゃ寂しいから(笑)。

    たびたびこのブログで登場している”裏山”。
    正式には「五葉山」と言います。
    標高は1,341m、最高地点は1,351m。だそうです。



    赤坂峠登山口。
    これから登る・・・ちょっと不安げな同僚(左)。余裕だろうと気楽なボク(右)。(9:35)



    0909292.jpg
    登り初めてすぐ、五葉湖がくっきり見えたので記念撮影。(10:13)


    周りの風景よりも、人物主体がやっぱりイイ。
    風景を見たいならWEBで沢山出てますから(笑)。



    0909293.jpg
    4合目(畳岩)で休憩。この場所まで休憩は3回目?(笑)。(10:32)


    相当遅いペースです。

    写真を撮りながらだとか、言うことではありません。

    単なる、”運動不足”です(笑)。

    追い越されることはあっても、追い抜くことはありません。


    0909294.jpg
    周りを見る余裕はすでにありません。(11:21)



    0909295.jpg
    8合目。相当キテマス(11:27)



    0909296.jpg
    9合目。幾分平坦になると復活しますが・・・(11:39)



    0909297.jpg
    9.5合目辺りにある”しゃくなげ荘”。(11:43)

    ここまで7名に追い越されました(笑)。

    更に頂上を目指します。


    0909298.jpg
    登り始めて2時間32分。山頂(1,341m)到達です。(12:07)
    最高地点(1,351m)はこの奧に、”日の出岩”があります。



    0909299.jpg
    写真好きのボクとしてはやっぱり360°パノラマ写真を撮ってきました。


    山頂からは、三陸の海を一望し、内陸部を見れば遠野市街が見え、遠野ウインドファームが見えた。


    服装の変化に気付いた人は分かったと思いますが、寒いです!
    手が冷たいです。
    吐く息も白くなりました。
    この日は風も強かったです。


    090929a.jpg
    そそくさと山頂から撤収(笑)。



    090929b.jpg
    ちょっと降って、紅葉が始まった”黒岩”方面をバックに記念写真。(12:25)



    090929c.jpg
    しゃくなげ荘まで降るとほぼ無風。ここで昼食タイム。(12:44)


    そして、同じルートを下山。





    昼食後は、取り憑かれたかのように黙々と降る、、、。そして”休憩”(13:41)



    090929e.jpg
    下ってくるに従い、天候は良くなり秋の空をバックに写真を撮る。(13:55)



    090929f.jpg
    クマさんが居るらしい。


    足取りが速まる、、、。



    090929g.jpg
    そして登山口に無事到着。(14:17)

    下山に要した時間は、1時間33分でした。(写真の撮影時間から)

    撮影に使用したカメラは、DMC-FT1。iAモード。撮影枚数63枚。
    次回は、レベルアップ?して「早池峰山」に決定! 同行者求む!(笑)。


    山頂からの360°パノラマ写真はホームページに掲載してあります。
    こちらからどうぞ→photo gallery 『Digest「B」』>登山(2009秋の五葉山)
    スポンサーサイト
    Posted by 監督   0 comments

    80↑クラブ(NO.184) 元GT-R

    -釣友による80cm以上のランカーシーバス記録-

    おめでとうございます。

    元GT-R 全長82cm(9lb)

    2009/9/20 秋田県船越海岸



    ROD: Daiwa/morethan BRANZINO 91.5L NIGHTMARE CUSTOM
    REEL: Daiwa/EXIST HYPER BRANZINO CUSTOM 2508R
    LINE: Daiwa/MORETHAN SENSOR+Si(1.2号)
    SHOCK-LEADER: Daiwa/MORETHAN SHOCK LEADER TYPE-F(25lb)
    KNOT: FG-KNOT
    LURE: DUO/TERRIF DC-9 BULLET
    SNAP: -
    TOOLS: BOGA GRIP 30lb
    コメント: 最高のがばがばでした。

    80↑一覧を見る
    Posted by 監督   0 comments

    80↑クラブ(NO.183) こなかい丸

    -釣友による80cm以上のランカーシーバス記録-

    おめでとうございます。

    こなかい丸 全長81cm(4.1kg)

    2009/9/23 秋田県秋田運河


    ROD: UFMウエダ/CPS-75EX-Ti
    REEL: Daiwa/EXIST 2500+OSM/NO LIMITS CUSTOM
    LINE: Berkley/FireLine16LB
    SHOCK-LEADER: MORRIS/VARIVAS VEP ショックリーダー 22lb
    KNOT: 監督KNOT
    LURE: DUO/TM75CD
    SNAP: -
    TOOLS: OCEANGRIP

    釣友「こなかい丸」さんのブログ「青イソメ飼育日記と没頭趣味生活」この日の釣行記へ
    Posted by 監督   4 comments

    落雷写真 -秋田県男鹿市2009/9/13-

     2009/9/13未明、秋田県沿岸部では前線の通過により激しい雷雨に見舞われた。

    この時に撮影した落雷写真をホームページに掲載しました。
    画像サイズは1024*682。EXIF情報有り。


    以下は写真の一部です。





        


            


    ホームページは、「80↑paradise HomePage」
    記事への直リンクは、「落雷(2009秋田・男鹿)」
    Posted by 監督   4 comments

    秋の夜長は

     2009/9/8 夜

    先行していた3名と21時頃合流し、すぐに”ジンジンの集い”が始まった。


    ジンギスカンバケツ等の提供と焼奉行担当の大地さん。




    メンバーは左から”タクちゃん”、”監督”、右奧は”かなやん!”、そして”大地さん”。




    こんな感じで、いつもとちがうのは防寒着じゃないこと(笑)。

    この場所に来る前に別のポイントで釣りをしたが釣れなかったらしく、すぐにこの場でジンジンになったみたいです。


    焼き肉とのり巻きを食し、潮が大きく下がったのを確認して釣りの再開。←この時点で時合いが過ぎてます(笑)。


    が、、、


    キャストし




    当たりを待つ




    ほ~ら来たよ~と1投目から入れ掛かり?




    簡単じゃん!




    人生初アナゴにポーズを決める”タクちゃん”




    アナゴの顔





    当たりを待つ




    当たりが有ったら竿を持つ




    大きな当たりで”フィーッシュ!”




    あれ?




    どうしてこうなるのかなぁ、ガンッて来たのにぃ・・・(笑)

    ※あり得ませんがヒトデが飛びつくイメージをしてやってください(笑)。




    どれ貸せっ! と、手持ちスタイルの”大地さん”




    やっぱダメだ~




    竿は置かれてしまいました




    竿は置かれたまま




    竿は置かれたまま




    すっかりおしゃべりモードに突入

    そして夜は更けて行った・・・。


    この日の釣行は、こちらでも閲覧出来ます。「大地のしずく」”いつの間にか夜はふけた・・・”
    Posted by 監督   4 comments

    忘れていた日本記録

     9/6、記録申請したまま忘れていたJGFA日本記録認定書が届いていた。

    ナマズの8ポンドラインクラス日本記録。
    これでボクの日本記録は3件となりました。

    と言っても、この3枚の認定書のみで、賞品などはありません。
    おまけにJGFAのステッカーがもらえるだけ(笑)。




    この記録よりもまだまだ大きいナマズが居るので、来期は(大地さんのマネ)、タクちゃんのオールタックル日本記録を超えるランカーを皮切りに、更に下のラインクラス4lb→2lb→6lbと狙ってみようかな?と思っています。



     今までヤマメやイワナ等のトラウト類から、近海の回遊魚であるカジキまで、数え切れないほどの魚を釣って来たが、3年前のあの日、タクちゃんの”バコバコ”と言う、楽しそうな、いかにもウソだろうと思われる話しが無かったら、きっとこの日本記録も生まれていなかったと思う。

    誘ってくれた”タクちゃん”に感謝します!。

    直接は言えないので、この場を借りて ”ありがとう!”
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。