Posted by 監督

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Posted by 監督   0 comments

    12年半ぶりのオフシォア

     仲間からのお誘いでマダイを狙うことに。

    青森の釣り船と言ったら「成栄丸」のTomyさん。
    秋田シーバス開拓当初からの知り合いで、Tomyさんが釣り船業に転職してからはとんとご無沙汰でした。

     前日現地入りし、懐かしい想い出を始め、マダイ釣りのあれこれなど、何を話したか大半は忘れましたけど、昔からの友人に会うだけで嬉しくて楽しくて・・・(笑)

    先日の東京へ遊びに行ったとき、会いたいといつも思っていた同級生に、32年ぶりに会えたときも超嬉しかった。

    本来の目的である「遊ぶ」ことよりも、会うだけで「満足」みたいな・・・。
    歳を取ったってことでしょうね。


    写真右が「成栄丸」のTomyさん。
    ちょうど4年ぶりの再会でした。


     しばらく話をした後、三厩漁港近くの公園で車中泊。





    リーダーを持ってない友人に、メーター当たり1,000円で売る(ウソ)。



    暗くなって就寝。


    ----------

    翌朝2時45分。出航予定1時間前に起きた。

    前日からの強風は止まず、およそ2時間遅れの出航となる。




    この時が一番緊張すると言うか、妄想が頂点に達する時だろうね。















    僕のタックルは2セット用意した。
    トラウトロッドにPE1.0号のスピニングタックルと、グラスのバスロッドにフロロ6lbのベイトタックル。


     強風はまだ止まない。

    津軽半島・津軽山地にかかる雲。



    雲も大荒れの様子。




    で、ギリギリ釣りが可能かな?
    と思うところでジグを落としてみるが、ほとんど釣りにならず。

    少しでも風が強くない&魚探反応ありのところを転々としたけど、思うように釣りが出来ず終了時間となる。


    (LINE投稿写真より引用) モデルはミッキー。

    上の写真のとおり、爆風でした。


    たぶん、普段なら中止になるほどの荒れ模様なのでしょうが、無理に出船していただいたものと察します。


    狙った獲物は必ず捕る!

    リベンジはシーバスがオフシーズンの時に・・・(笑)。
    スポンサーサイト
    Posted by 監督   0 comments

    三陸の渓谷 -2014-

     2014年5月4日釣行のお供。

     トラウトをやっていた頃は何度となく足を運んだ渓谷。
    今もなお、数か所のコンクリート砂防堰堤を除けば大自然は昔のままで、年に一~二度は渓谷沿いの道路を走り、野生の鳥、獣や原生林等の自然観察?を楽しんでいる。

    そんな、近くてよく知っている三陸の川に、BANZAIルアー製作者の佐々木さんと仲間がやってきた。


     現地で会うために、まずは誰かさんと待ち合わせ・・・なんだが、30分くらいの遅刻ならまだしも2時間半遅れ。
    それからなんだかんだで、現地着は夕方4時頃だったかな?(笑)。

    それらしい車を探しながら上流へと向かう。

    メインとなる入渓ポイントを数か所過ぎてもそれらしい車は無く、携帯の電波も届かない。


    「もう旅館に帰ったんじゃね?」

    などと話しながら、倒木や落石でいたるところ危険な道路をゆっくり登る。


     上流域の道路と川の高低差が比較的小さくなったカーブの空き地に


    「品川」ナンバー発見!


    たぶんこの車だろうと、そのそばで更に準備が続く(笑)。
    なんたって10年以上もトラウトとは無縁だったからね、誰かさんも僕も。


    そしたら、なんと道路を下りてくる佐々木さんたちと再会した。


    昨年同時期に再開してからの一年ぶりである。


    「あぁ、どうもどうも!」(笑)

     (あまりにも親しい感じのあいさつにも快く応じてくださいましてありがとうございました)


     山中の夕暮れは早いのであまり長話も出来ず、とりあえず釣らねば・・・と、佐々木さんたちとはまた後で会うことにし、最上流域のお気楽ポイントを目指す。


    そして実釣(誰かさんのみ)。

    僕はカメラを片手に、外野の加藤兄弟は道路から見守る。




    最上流域だけあって川幅は狭く水量も少ない。


    しばらく攻めるも反応なし。


    入渓しやすいがための場荒れよりも、そもそも渓相がよくない(笑)。
    時間がないので仕方ない選択なのだが・・・。


    カメラマンの僕としては、「暇」


    付近の散策となった(笑)



    「ヒトリシズカ」

    やっと咲き始めた感じですね。



    付近の散策も終え、加藤兄弟と話をしながら渓を歩く。



    1時間ほど経った頃だろうか。。。

    なんとか1尾キャッチに至る。


    幼い顔つきの三陸イワナ。
    ルアーはもちろん「BANZAI・wolf47」木刀。



     この後、佐々木さんたちと会うために下山するも、温泉でのんびりしているらしく、こちらは予定があったため会えずに帰宅。

    再会したときに記念写真の一枚でも撮っておけば・・・と後の祭り。

    また来年もお待ちしております。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。