Posted by 監督   0 comments

    12年半ぶりのオフシォア

     仲間からのお誘いでマダイを狙うことに。

    青森の釣り船と言ったら「成栄丸」のTomyさん。
    秋田シーバス開拓当初からの知り合いで、Tomyさんが釣り船業に転職してからはとんとご無沙汰でした。

     前日現地入りし、懐かしい想い出を始め、マダイ釣りのあれこれなど、何を話したか大半は忘れましたけど、昔からの友人に会うだけで嬉しくて楽しくて・・・(笑)

    先日の東京へ遊びに行ったとき、会いたいといつも思っていた同級生に、32年ぶりに会えたときも超嬉しかった。

    本来の目的である「遊ぶ」ことよりも、会うだけで「満足」みたいな・・・。
    歳を取ったってことでしょうね。


    写真右が「成栄丸」のTomyさん。
    ちょうど4年ぶりの再会でした。


     しばらく話をした後、三厩漁港近くの公園で車中泊。





    リーダーを持ってない友人に、メーター当たり1,000円で売る(ウソ)。



    暗くなって就寝。


    ----------

    翌朝2時45分。出航予定1時間前に起きた。

    前日からの強風は止まず、およそ2時間遅れの出航となる。




    この時が一番緊張すると言うか、妄想が頂点に達する時だろうね。















    僕のタックルは2セット用意した。
    トラウトロッドにPE1.0号のスピニングタックルと、グラスのバスロッドにフロロ6lbのベイトタックル。


     強風はまだ止まない。

    津軽半島・津軽山地にかかる雲。



    雲も大荒れの様子。




    で、ギリギリ釣りが可能かな?
    と思うところでジグを落としてみるが、ほとんど釣りにならず。

    少しでも風が強くない&魚探反応ありのところを転々としたけど、思うように釣りが出来ず終了時間となる。


    (LINE投稿写真より引用) モデルはミッキー。

    上の写真のとおり、爆風でした。


    たぶん、普段なら中止になるほどの荒れ模様なのでしょうが、無理に出船していただいたものと察します。


    狙った獲物は必ず捕る!

    リベンジはシーバスがオフシーズンの時に・・・(笑)。

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する