Posted by 監督

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Posted by 監督   2 comments

    渓流ベイトフィネス・現地からの教訓

    2015/5/4

     夜に「某誰かさんとトップでバコバコ!」と言う予定があったので、それまでは時間が空いたので、となりの市の渓流に行ってみた。
    なぜとなりの市なのか・・・
    「民話のふるさと遠野」経由で誰かさんに会いに行くため、遠回りしただけの話(笑)。


     正午と言う最悪の時間帯、雰囲気的に先行者あり、民家がポツポツあるためGWと言わず日頃から攻められていると言った感じで、木端ヤマメの魚影しか見えない。
    クリアーウォーター&晴れ、おのずとルアーのカラーはシルバー系のギラギラが強いはずなんだけど、あえて視認性を重視してみた。


    なんとか1時間で1匹釣り上げ、ほっと一息ハイ撤収。



    となったんだけど、どんなに小さな渓流とて、長靴だと川に入れずトレースコースが限られますね。って言うより、根掛かり外すのに川に入れないし、すべりますね。

    なんで長靴なのかと言うと、先日の渓流ベイトフィネスデビューで使用した古いウエストハイウェーダーは浸水することが発覚したんですよ。
    中学生の頃だったら、冷たさ知らずで長靴のまま・・・いや長靴すら履かず、スニーカーのままザブンと・・・(笑)。


    現地からの教訓、長靴では渓流釣りをしない!(笑)
    関連記事

    Comment

    監督 says... ""
    大地さん、その話は、まだ書いてないけど、次の次の釣行記になります、ハイ。
    明日は誰かさんとのコラボですので、何が起こるか楽しみです(笑)
    2015.05.09 13:47 | URL | #kHZ6axYo [edit]
    大地 says... ""
    あ~~~~なんか、某誰かさん!の話の中で、回収できたとか?できなかったとか?の話もあったような?(爆)
    2015.05.09 13:21 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。