Posted by 監督

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Posted by 監督   0 comments

    栗駒山(須川温泉→天馬尾根コース→秣岳→皆瀬村境登山口)と「祭時大橋」寄り道

    2015/7/26(日) 6:17~14:25

     前夜、須川高原温泉駐車場の隅で車中泊。
    トイレ情報。
    事前にトイレの情報を得ておらず、ヤマップの地図にあるか確認したら記載なし。WEBでGoogle、Yahoo地図を見るが記載なし。
    須川湖キャンプ場入口に公衆トイレ(水洗)があった。翌日、須川高原温泉向かいの須川ビジターセンター敷地内の駐車場奥に水洗トイレあり。また、今回のルート上には、昭和湖トイレの表示はあるが、現在冬季閉鎖中の看板があり使用不可である。

    コース情報。
    この日の一関市の最高気温は34.6℃の真夏日。避暑を目的とした今回の山行と考えれば最高の日だった。特に、天馬尾根の草原を吹き渡る風はまるで別世界。標高1500mあたりから上の爆風とは打って変わって、天然のクーラーそのもの。
    加えて、天馬尾根コースを通る人はほとんどおらず、種類は少ないもののお花畑を独り占めできた。

    秣岳から降りる登山道は、木の階段もあることはあるが、そのほとんどは刈り払いしただけの道。完璧に整備された道と違い、歩く面白さもある。しかし、急登であり、展望も一部のみ。最後は飽きた。

    15073047s.jpg
    軌跡図(クリックで拡大します)




    以下、写真を時系列で掲載します。


    駐車場の登山口。登山口の表示は無い。
    須川高原温泉の裏手にも登山口があるみたいなので、正式にはそちらなのかもしれない。












    名残が原




    食虫植物のモウセンゴケ。
    結構木道周辺を見ても無かったが・・・。




    なんとこの中にモウセンゴケが沢山あったのだ(笑)。




    山頂へのルートは真っ直ぐに行く。




    今回は須川コースで登るので右へ




    キンコウカ
















    昭和湖。右奥の建物はトイレだが、冬季閉鎖中のままで使用不可。




    昭和湖全景




    須川分岐から山頂方向




    爆風の中からの景色




    山頂で証拠写真




    須川分岐。今回の予定はここからが本番で、天馬尾根コースへは正面のちょい藪を行く。




    ガスで幻想的だったんで撮ってみた。








    これから行く天馬尾根コースが良く見えたので一枚。




    途中の小さな沼。




    タチギボウシ




    周りの景色が見えない分、木道と黄色いキンコウカが天に浮かぶような印象になった。




    心地よい風と高山植物に囲まれ極楽気分に。




    タテヤマリンドウ
















    緑、紫、黄色。うーん幻想的。




    ウメバチソウ




    白いトキソウ?




    秣岳ピーク




    シロバナニガナ









    秣岳から皆瀬村境登山口へのルートは良く整備されているとは言えない。












    須川湖と須川高原温泉




    降りてきた秣岳を振り返る




    旧栗駒有料道路が見えた。




    皆瀬村境登山口




    舗装路を須川高原温泉まで歩く。栗駒山山頂は相変わらず雲の中だった。


    ハイキング終了。

    拡大写真、軌跡データ、道具リスト、活動メモを無料地図登山のYAMAPに掲載しています。

    YAMAP 私の活動日記 https://yamap.co.jp/activity/122479




    帰り道に立ち寄った。


    磐井川支流鬼越沢に架かる「祭時大橋」。
    2008年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で崩落し、今では災害遺構として保存されている。
    新しい祭時大橋より撮影。








    崩落した祭時大橋の近くまでは、接続されていた舗装道路に沿って見学路が整備されおり、道路が割れて陥没したようすを間近に見ることが出来る。しかし、橋そのものは、新祭大橋からの方が良く見える。
    関連記事

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。