Posted by 監督   0 comments

    五葉山(大沢冬季閉鎖ゲートより山腹周回)

    2015/10/11(日) 五葉山 06:44~16:04 天候:曇りのち雨のち曇り

    この日は9~14時まで雨予報。
    遠くへ行ってもなぁ、と言うことで自宅から超近い五葉山へ。

    かれこれ30年近く前に通った周回コースをたどる。


    登山口は、盛川水系鷹生川支流大沢に架かる県道193号横川橋。
    大船渡側の冬季閉鎖ゲート前となる。

    0644
    横川橋より上流側の大沢を撮り出発。標高約400m。






    最初は、大沢渓流沿いに登っていく






    0727
    黒岩への急登を登って行くと紅葉が綺麗だった






    0828
    黒岩の手前、標高約900m。地面の幼木も紅葉が綺麗






    黒岩へのルートから外れて畳石方面へマーカーを頼りに進む。






    ミズナラの巨木。昔も今も変わらない気がする。






    1023
    マーカーはほとんどなくなり、ビバが密生して行く手を拒む。






    1100
    直進ダメ。
    やや登りにルートを確保しても行けない。
    断念して近くの巨木と記念写真。






    1118
    3度目のトライでやや下りにルート変更してみたらなんとか沢に出られた。






    1215
    岩場や沢を越えて突き進むも藪がすごいことになっている。






    倒木も行く手を拒むがきのこが癒してくれた。






    1225
    何度目の沢だろうか・・・大沢の源流部。






    1302
    このルートで一番の難関の様に見える沢部の大岩とヒバの密生林。
    ここまで来て引き返すとたぶん暗くなってしまうため強行突破を決意する。






    1343
    なんとか沢部から尾根に出て一服するが岩・岩・岩の尾根。






    1432
    岩山を越え、ツツジの藪をかき分け、やっと出た赤坂峠からの登山道。
    およそ5.5合目あたり。






    畳石の分岐で大沢コースへと下る。






    登山道は高速道路か!
    と思わせる位快適な道で、もう行く道を探すことも不要、このまま下がれば車まで戻れる。
    周りの景色を堪能する余裕すらある。






    1552
    もうすぐ到着というところで最後の1枚。
    辺りは薄暗くなっていたため、コンデジの夜景モードで・・・。




    1604
    無事に戻る。

    今回は、熊を警戒して終始笛を吹きながら歩いたせいか、それらしき気配は全くなかった。
    ただ下山途中で、野犬らしき吠えがあったがなんかおかしかった。
    数十メートルは離れている感じだが、移動している様子は無く、もしかしたら怪我をして動けないでいるかのような鳴き声にも聞こえた。
    追いかけられたりしたら、えらいことになるかもしれないと思うと、確認する勇気は全くなく、遠ざかる時でさえ追いかけて来ないか振り返ることもしばしば(笑)。

    そして、唯一の登山者と遭ったのは大沢小屋。
    話しをすると、今夜は一人で大沢小屋に泊まり、明日山頂を目指すという。
    大した度胸だ。
    僕には到底出来そうもない。。。




     ※拡大写真(1,100×733)79枚、GPS軌跡データ、道具リスト、活動メモを無料地図登山のYAMAPに掲載しています。

    YAMAP 私の活動日記 「五葉山(大沢冬季閉鎖ゲートより山腹周回)」
    関連記事

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する