Posted by 監督

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Posted by 監督   5 comments

    さんりくロック -今が旬!ドンコ釣り-

     標準和名「エゾイソアイナメ」。三陸では普通「ドンコ」と呼んでいます。
    普通に釣れ冬の今が旬の魚です。

    船釣りなら40cm級も珍しくないが、お気楽漁港フィッシングでは小型の30cm以下が普通。
    当たれば数釣りが可能です。


     2008/12/14

    誰かさんに誘われて、本命「ドンコ」釣り。
    仕掛けは至ってシンプルで、テキサスリグ+ケミホタル+サンマの切り身。

    出来るだけライトなタックルほど食い込みが良く、釣り味もよろしい。
    外道には、ソイ、アイナメ、カジカ等の根魚が釣れます。



    この日は、

    バレットシンカー1/4オンス+ケミホタルミニ25mm緑+丸セイゴ16号ケン付き。
    ベイトタックル仕様のフロロ5ポンド直結。
    ケミホタルはシンカーの上数センチの所に、付属のチューブで固定します。


    釣り方

    投げずにティップ直下に落とす。
    着底したらウエイトの重さがわずかに感じられる程度にテンションを掛けて待つ。
    10秒程待って当たりが来ない時は、数十センチ仕掛けを上げ、ゆっくりフォール。
    先ほどと同じようにわずかにテンションを掛けてまた待つ。
    待つ際は底を切らずエサを動かさないこと。竿は置かない。
    3分間繰り返して無反応であればポイントを数メートルずらす。

    合わせのタイミング
    瞬間的な弾くような当たりで我慢し、連続または引き込みが有ったら合わせる。
    良型やソイ等は、テンションが掛かったまま止まるケースが多いので、その時は即合わせ。
    乗らない場合は小型の可能性が高いので、しつこく合わせてみる(笑)。

    いるはずなのに底ベタで来ないときは、数センチ~数十センチ横へずらして、捨石の隙間に落としたりその穴の縁を探り当てて攻める。
    根掛かりする場合も多いが、居れば高い確率で食ってくる。

    1尾釣れたら同じ所をしつこく攻める。
    2尾3尾と釣っていく内、どんどん魚が集まってくる(回りに居れば)。

    エサのサンマは新鮮なほどgood。
    付けエサが残っているからとそのまま使うのは3尾程度までが良いかも。

    この日、二人でサンマ2パックを使い切り納竿した。50尾程度か?。
    関連記事

    Comment

    監督 says... ""
    >じゅんさん
    現在は分からないが一年前は、穴通し磯の駐車場までは車で行けた。
    そこから先は単管バリケードだったかな?があって通行?立入?進入?禁止でした。
    人の行き来が無いため、野鳥が沢山いましたよ・・・(笑)。
    2008.12.17 09:06 | URL | #kHZ6axYo [edit]
    じゅん says... ""
    トンボロにバイトしてしまいました(笑)
    今どうなっているんでしょうか?
    数年前に道路ががけ崩れで行けないと聞きましたが?
    2008.12.17 08:35 | URL | #- [edit]
    監督 says... ""
    >大地さん
    なんで筋肉痛?って思って考えたら、「釣れるたびにしゃがんだせいだ」と判明。釣るのもほどほどに・・・(笑)。

    会場方面の漁港はプラしてませんので未知の世界ですよ。
    2008.12.16 08:39 | URL | #kHZ6axYo [edit]
    大地 says... ""
    思い出した! つう~か14日って昨日だ(笑)
    誰かさん!オレんとこ来たぞ・・・ヒイカどうすかねぇ~?なんて言ってやがったが、いねぇ~と却下したからこうなったのか?(^^;)
    2008.12.15 20:24 | URL | #- [edit]
    大地 says... ""
    考えてみれば、今年はヤリイカがまったくダメなので、昔に戻ってドンコ釣りもいいかもね(笑)

    あ~~~トンボロが懐かしい・・・(爆)
    2008.12.15 20:19 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。